タイミー通信

「ギグワーカー大賞」入賞作品発表

  • スキル
  • 将来のこと
  • 副業
  • 受賞作品
  • 時間の使い方
  • 公開日:
  • 更新日:
「ギグワーカー大賞」入賞作品発表

目次

2021年5月に募集を開始した「ギグワーカー大賞」では、タイミーで働いた時の学びや気づき、印象的な出会いに関するエピソードを募集しました。その結果、400を超えるワーカーさまからエピソードをお寄せいただきました。たくさんのご応募をありがとうございました。

審査員が選考を重ね、大賞1作品、優秀賞作品を決定しましたのでご報告します。
※一部表現を修正している箇所がございます。ご了承ください。

ギグワーカー大賞とは?

すぐ働けてすぐお金がもらえるスキマバイトサービス「タイミー」を運営する株式会社タイミーは、「一人一人の時間を豊かに」をビジョンに掲げ、すぐ働きたい人とすぐ人手が欲しい事業者をマッチングするプラットフォームを提供してきました。

ありがたいことに、アプリ利用者は190万人を突破。タイミーを通じて夢を実現されたり、スキマバイト経験をご自身の生活に活かされたりと、様々なワーカー(*)さんの姿が見えてきました。ワーカーさんから応募いただいたご自身の実体験を発表することで、より多くの方にギグワークという新しい働き方の魅力を知ってもらおうと、「ギグワーカー大賞」が実施されました。

(*)タイミーアプリの利用ユーザー、ギグワーカーのこと

開催概要

応募期間:2021年5月20日 (木) 〜 6月11日 (金)
贈  呈:大賞   賞金5万円
     優秀賞  賞金1万円(数点)
応募総数:402エピソード

大賞「将来へのスキルアップ夢に繋がった経験」

◆受賞作品
会社員として3年目の冬に日本がコロナパンデミックに陥りました。
会社も休業になり、なんとなく日々を過ごしていましたが4年目の秋に副業が解禁。
固定したアルバイトでも良かったのですが仕事柄転勤やシフトの急な変更があったので、橋本環奈さんがCMしていたスキマバイトのアプリがあったような。。。と思い出しタイミーをダウンロードしました。
熊本は田舎だからな。。。と期待はしていませんでしたが笑
結構募集があり驚いたのを覚えています!私はコンビニ経験があったのでどうせなら全系列のコンビニを制覇してみたいということでコンビニを中心に応募しました!

コンビニには本社経営、個人経営と様々な形態があり、行く地域によってもお客様との距離感に地域色があります。リピーター様と軽快に挨拶を交わし、世間話に花を咲かせる。また夕方の仕事帰りのお客様には「お疲れ様です」と一言添える。このマニュアルにはない接客方法に感銘を受けました。現にお客様も笑顔で帰っていらっしゃり、顔を覚えられるのが非常にうれしかったです。
就活を頑張っている学生、子育て真っ最中の主婦、夢の実現のために努力する人など、様々な理由の下で働く人たちと触れ合う中で、自分自身休業で出社回数が少ない今、何ができるのだろうかと考えるようになりました。まずは数少ない本職の出社日に顧客に対してベストな対応をしたいと思い、コンビニで培った顧客に対する距離感を意識し、限られた日数でも職務を全うすることができました。また、コンビニで日々送られてくるお弁当などの惣菜にも興味を持ち、工場でも一時期働きました。外国人技能実習生の就労環境にも少し興味があったので一緒に外国の方々と働けたこと、その大変な環境を知れたこともすごく勉強になり、コンビニの食品を買うたびに感謝の気持ちでいっぱいになりました。

この様に、たくさんの人とタイミーを通して触れ合う中で様々な人たちの夢に触れ、自分の忘れかけていた夢を思い出しました。それは留学です。今年11月には渡航予定で、今は留学に向けタイミーを通してお金をためている最中です。金銭的に厳しい状況の自分を助けてくれた上にたくさんの人に出会うきっかけをくれ、尚且つ足踏みしていた夢を思い出させてくれたタイミーには感謝の気持ちでいっぱいです。好奇心旺盛な方にはきっといい刺激になるのでおすすめしたいです!

▶︎受賞者インタビュー記事はこちら『スキマバイトが後押しした接客スキルの向上と、夢への挑戦【ギグワーカー大賞】


◆審査員コメント
コロナ禍でご自身をとりまく環境が大きく変わる中、前向きに活動されている情景が目に浮かぶようなエピソードでした。コンビニを制覇すると決めて様々なコンビニでお仕事をするだけでなく、生産現場への興味関心を持ち、実際に働きに行ってみる行動力と好奇心、働く体験を通して生まれた生産者への感謝の気持ちなどからも、ご投稿者さまの明るく優しいお人柄が伝わってきました。留学の夢が叶うよう、応援しています。


優秀賞「アラフォーとタイミーと私」

◆受賞作品
世の中には色々な事がある。タイミーを使わなかったら私は狭い世界しか知らないまま人生を終えていたと思う。タイミーには感謝しかない。初めたきっかけは軽い気持ち、前職を退職し有給休暇中の3ヶ月目、ふと見たCMがきっかけ。それから転職し一旦タイミーはお休み。コロナ禍の1年目の2か月以上の自宅待機に再度お世話になり、今は会社にバレない副業?趣味のように楽しんでます。

気軽に働く中で、人間力やコミュ力が上がるのには自分でもびっくりした。初めての勤務先はいつもドキドキ。緊張。でも最高のパフォーマンスを発揮する。自分では気がつかなかった、真面目な所、器用な一面と適応能力の高さに気がつけた。これは本業でしか働いていなかったら気づく事はなかったと思う。当初は学生や20代の若者向けかと思いながら、40代がついていけるか不安しかなかった。意外と私若い子と同等に理解出来、むしろ私の方がスピード感や器用な所、適応能力が高いんではと気がついた。

何も取り柄もなく、何となく毎日を過ごしてきた私だと思っていたけど、私出来ると自画自賛。今、同じように思っている40、50代に伝えたい。まだまだ私達は若いし、新しい能力を開花できる。日本は年齢で人を判断する社会ではありますが年齢はあくまでも年表です。副業やお金のためだけでなく、日々の生活や気持ちが少し豊かになる、新しい学びを通して脳を開花できるツールとして、タイミーを是非活用して欲しいと年齢に関係なく伝えたい!
普段、学校、仕事など以外には接点のない人達と少し会話をする事で、発見、情報、同じ考えの方に出会え、考える力や人生感、人間力が高まり、若返り効果あり。笑。私よく40代のワーカーさんや本業の仕事仲間にもに20代?と言われます。

いろんなワーカーさん、企業さんがあるけれど、社員からワーカーへの対応は、部下を持つ人やチームで働く人にとって、コミュニケーションや伝え方で大変勉強になります。
自分もきつく伝えているのか、相手側を考えた気遣いが出来ているのか?と改めて考え、自分を振り返る時間があり、本業で活かす事が出来る。タイミーに出会い、お金だけではない人としての人間力が上がって行く気がする。体が動く限り、タイミーは利用していく。「趣味=タイミー」と今後は誰かに話していきたい!

▶︎受賞者インタビュー記事はこちら『副業が趣味に。「働く」を見つめ直すミドル世代のタイミー活用【ギグワーカー大賞 優秀賞】


◆審査員コメント
楽しんでタイミーを使ってくださっている様子に、審査員一同暖かい気持ちになりました。「趣味=タイミー」と言っていただき、サービス提供者としてこの上なく嬉しく思います。楽しみながらも、ご自身の能力と向き合って成長していこうとするスタンスは、年齢や立場に関わらず、どこへ行っても活躍できるスキルだと、改めて気づかせてもらいました。


優秀賞「多様な働き方をタイミーで」

◆受賞作品
私は42年間、再任用期間を含む教員生活を終え今年から年金受給者になりました。今まで早朝より働きづくめでしたので、これからは自由な生活を…と思っていましたが、コロナ禍の中で行動の自由が制限され完全自由はありえません。4月になり、あまりにも時間がありすぎるので再就職と思い、今までと違う職種を経験したいと色々な就職サイトやシルバー人材センター等を閲覧しました。
しかし、それらは定時就労が中心で年金受給者の私には条件が合いません。そんな時、「好きな時間に好きな場所で働ける。仕事を選べる喜びがある…」とタイミーのCMを耳にしました。大学時代に(40年も前ですが…)経験ある好きなバイクや車での配送・運転の仕事を発見しました。しかし、若者中心で「私のような高齢者は場違いではないか?」と不安でした。でも、募集詳細やレビューを読んでみると若者もいるものの「私でも出来るかも」と思えるようになり、意を決してデリバリーに応募しました。

初日は、もう何十年も経験のない緊張感に溢れていました。募集詳細には丁寧に指示が書かれており、それに従い「タイミーからきました!」と新卒者のような気になってご挨拶すると「タイミーは初めてですか?」等の簡単な質問の後に仕事の要領を教えていただき直ぐに実践でした。履歴書・事前面接無しですが、気持ちよく働くことができました。

タイミーは元々、学生割合は全体の8割程度からスタートしたとのこと。最近は学生割合は2割になり、主婦、フリーター(20~60代)の登録割が増えているとのことだが、学生だけでなく主婦や高齢者・年金受給者にタイミーはピッタリだと思う。人生80年、100年時代…  70歳まで就労の時代、今後益々働き方が多様になる時代にマッチしたシステムです。
「やる気をもって仕事に取り組む」ができないとレビュー評価が悪くなり、以後アプリが使いにくくなる。「申込直後のキャンセルは3時間後でないと再応募できない」「開始直前のキャンセルはアプリ利用停止」「無断欠勤はサービス利用の永久停止」などのペナルティがあります。しかし、前職に関係なく常識的・真面目に勤めればペナルティが付くこともありません。私はコロナが終息し、元々の夢である完全自由な時間で世界中を放浪するのを楽しみにタイミーを活用したいと思います。

▶︎受賞者インタビュー記事はこちら『定年退職後も社会とのつながりを持つために働く。大好きな運転を仕事に、スキマ時間の有効活用【ギグワーカー大賞 優秀賞】


◆審査員コメント
初日に働きに行く際の緊張感と、担当者の説明を受けながら徐々に緊張がほぐれている様子が伝わってくる臨場感あふれるエピソードと、ご投稿者さまの真面目で誠実なお人柄が伝わってくる内容でした。ご自身の生活とシフトに縛られない働き方がマッチしていて、とても素敵な活用方法だと思いました。ご自身の夢の実現にタイミーが少しでもお役に立てると嬉しいです。


優秀賞「新たな自分の可能性」

◆受賞作品
私は子育てと家事の合間に大手飲食チェーン店で働いていましたが、多忙で息つく隙がない業務と年齢を重ねたせいか自律神経のバランスを崩してしまい、一度体調を整えるために5年勤め、退社しました。

家計のためにも働かないわけにはいかないので、自分らしくマイペースに働ける仕事にしようとスマホで求人を探している時、たまたまタイミーのTVCMを見てアプリをダウンロードをしました。

最初はうどん店にマッチングしてみました。メニューを覚え、ご注文を受けて料理を提供することをいきなり実践するのですが、忙しい飲食店で働いていたためにその経験が生かされ、いきなりの実践でメニューが変わったりやり方などが違っても楽に対応しこなせていけることに気が付き、タイミーで募集している様々な飲食店に挑戦しています。
勤めていた飲食店で接客を評価いただいていたので、どこの飲食店に行っても今まで通りの接客と誠実さを忘れずに、そして「また是非働きに来て欲しい人材」と企業様に思っていただいたり、「今日感じが良いスタッフがいたなぁ」とお客様には思っていただけるように努力をし勤務していましたところ、企業様から常勤パートで働きに来てもらいたいとお声がけをいただきました。何より嬉しい言葉で、認めてもらえるという喜びを感じることができています。

飲食店の他には、物流会社やお花のお仕事も経験してみました。意外と黙々作業も好きなんだという事がわかり、タイミーは新たな自分発見や、この仕事を極めてみたいと思ったり、自分の可能性が見つかると思います。初めての勤務先に行くのは毎回緊張しますが、次は何のお仕事をしようか、どんな自分を発見ができるか、ワクワクして過ごせています。
タイミーに出逢えて大変感謝しています。

▶︎受賞者インタビュー記事はこちら『タイミーで叶えた、自分のペースを大切に家事・子育て・仕事を両立させる生活【ギグワーカー大賞 優秀賞】


◆審査員コメント
「ギグワーク」をご自身にマッチした働き方として選ばれたことが明確で、ライフステージや体調に合わせた働き方の可能性に気付かせていただきました。努力を重ねたことで認められ、喜びを感じた体験や、幅広い職種を経験する中で新しい自分像を発見した体験など、タイミーの利用を通して様々な価値を感じていただいている、素敵なエピソードでした。


優秀賞「多様な職種の経験により見えてくる日常の世界」

◆受賞作品
私は今年の春から大学生になりアルバイトの経験もほとんどありませんでした。4月からアルバイトの正規雇用で肉バルで働き始めたのですがコロナ禍という状況によりシフトにほとんど入れずにいました。そんな時友人に教えてもらったのがタイミーでした。単発という言葉に引かれアプリを入れてみました。
私自身単発アルバイトにずっと興味を持っていたのですが、いつも面接や説明会にいくのが面倒になってしまい避けていました。ですがタイミーは履歴書も説明会の参加なども必要なく基本的な個人情報と書類のみで働くことができました。そのため最初は少し不安だったのですが、どこの職場でも暖かく迎えて下さりとても安心し何度も使わせていただいております。

自分の中でタイミーの1番の魅力は、自分が様々な仕事場で働く立場になることで普段の生活がとても変わって見えたことです。梱包の作業を行った際は、宅配で荷物を頼む際梱包している人の存在を意識的に考え、感謝するようになりました。
また飲食のお店はそれぞれお客様に対しての気遣いへの目配りへの意識が強く、飲食店を訪れた時客に今までとは違った心持ちで利用するようになりました。
タイミーでは経験できる職種が幅広く様々なことに挑戦することができ、その経験を通じて視野が広がり多くの社会経験を積むことができると思います。またその中で自分の適正が徐々に見えてきてやりたい仕事を模索することができ、今後に活かしていこうと思います。

▶︎受賞者インタビュー記事はこちら『店舗ごとの接客を学んで接客のプロへ。長期採用にもつながったタイミーの使い方【ギグワーカー大賞 優秀賞】


◆審査員コメント
働く経験を通して得るものは人それぞれだと思いますが、相手の立場を実際に経験することで働く人への感謝の気持ちを持つようになったエピソードに、審査員一同心が動かされました。タイミーが将来の夢や、やりたい仕事を見つけるきっかけになると嬉しく思います。


タイミー代表 小川よりコメント

株式会社タイミー 代表取締役 小川嶺
まず、受賞された皆さま、誠におめでとうございます。また、惜しくも入賞できなかった方もご応募いただきありがとうございました。私も審査員として応募いただいた全てのエピソードを拝見しました。タイミーはスキマバイトのサービスではありますが、お金を稼ぐだけでなく体験から得られる価値に言及した素敵なエピソードが多かったように思います。皆さまのエピソードに元気をもらい、心からタイミーを作ってよかったなと思いました。これからも皆さまの期待を上回るサービスにするべく精進してまいりますので、引き続きご支援のほどよろしくお願いいたします。


おわりに

入賞作品の5つのエピソードについては、エピソードの具体性や、今回のテーマにふさわしいかどうかを重視した上で選出しました。
今後、入賞された皆さまへのインタビュー記事もご紹介します。

最後にはなりますが、「ギグワーカー大賞」にご応募をいただいた皆さん、誠にありがとうございました。

今後もタイミーで素敵な出会い・体験がありますように。


いますぐTimeeをダウンロード

  • App store からダウンロード
  • Google Play で手に入れよう



Share

すぐ働けるバイトを探してみる
タイミー は「この時間なら働ける」人と
「この時間だけ人手がほしい」事業者をつなぐ
スキマバイトサービスです。