お仕事特集

ファッションブランドSHIPSに潜入!物流センターのスキマバイトではどんな仕事をする?

  • 公開日:
  • 更新日:
ファッションブランドSHIPSに潜入!物流センターのスキマバイトではどんな仕事をする?

目次

アパレルブランドSHIPS(シップス)の物流センター(物流倉庫)では、袋詰めや仕分けのスキマバイトを定期的に募集しています。しかし物流センターでの仕事を経験したことがない方のなかには、「体力がない自分にできるのかわからない」「職場の雰囲気は明るいのか」と不安を抱えている方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、ファッションブランドSHIPSの物流センターへ潜入し、実際の仕事内容を体験しながら商品管理部商品管理課の朝妻さんにお話を伺いました。業務内容や職場環境、タイミーワーカー(タイミーの利用ユーザー)の受け入れ体制についてお話を伺いましたので、物流センターの仕事に興味がある方はぜひ参考にしてくださいね。

老若男女誰でもできる!SHIPSの物流センターで行う仕事とは?

――タイミーのワーカーさんが行う業務内容を教えてください。

朝妻:主にECサイトの商品の袋入れ作業と、メーカーさんから届けられた商品の仕分け作業をお願いしています。

袋入れ作業では、弊社のスタッフがピッキングしたご注文商品のなかで袋に入っていないものを、畳み直して袋に入れていただきます。初めて勤務する方には、最初に畳み方のレクチャーを行ってから作業に入っていただくため、すぐに慣れていただけると思います。

台の上で作業するので、不器用な方でもかんたんに畳むことができます

 また仕分け作業では、メーカーさんから届いた商品の数量が正しいかを調べる「検品」を行うために、カラーやサイズごとに商品を分けていただきます。

どちらも軽作業ですので、老若男女を問わずどなたでもできる内容だと思います。実際に、女性のワーカーさんにも多く来ていただいていますね。

弊社のECサイトではタイムセールやクーポン発行などの施策を急に行うことも多いため、突然人手が必要になることが頻繁にあるんです。そういったときに、3時間程度のスポット勤務でワーカーさんの力を借りていて、非常に助けられています。

――物流センターで働いた経験がなくても、挑戦できそうな業務内容ですね!業務を行う際に気をつけるべきことはありますか?

朝妻:異物の混入には気をつけていただきたいと思っています。物流センターで袋入れした商品は、その後開封することなくお客様のもとへ発送するため、異物が混入するとそのままお客様へ届いてしまうんです。お客様に不愉快な思いをさせないためにも、細心の注意が必要です。

とくにアクセサリー類は混入しやすいため、ゆるい指輪や取れやすいピアスなどは着用を控えていただいています。

また「自分が作業をした先にお客様がいる」ということを念頭に置いて作業していただけると嬉しいです。物流センターの作業では直接お客様のお顔を見ることはありませんが、「お客様が到着を待ってくださっている商品だ」という意識で丁寧に扱っていただきたいと思っています。

「ワーカーさんもスタッフも一緒」な雰囲気で、気さくに話しかけられる職場環境

商品管理部商品管理課の朝妻さんにお話を伺いました。

 

――初めて勤務するワーカーさんでも安心して働ける職場環境を作るために、行っている取り組みはありますか?

朝妻:初めて勤務する方には、まず弊社のスタッフからレクチャーを行ったうえで、経験者のワーカーさんとペアになって業務を行っていただきます。全スタッフがワーカーさんに積極的な声かけを行っており、経験者のワーカーさんも「こうやってやるんだよ」と教えてくださるので、安心して働いていただけるのではと思います。

またスタッフには、ワーカーさんとスタッフとで接し方に差をつけないようにしてほしいと伝えています。接し方を変えてしまうと、ワーカーさんとしては一線引かれた気分になってしまうのではないかと思うんですよね。分け隔てなく「みんな一緒だよ」という空気を作ることで、打ち解けやすい職場にしていけたらと考えています。

――「みんな一緒」という空気があれば、初めてでも馴染みやすそうですよね。作業中のセンターはどのような雰囲気ですか?

朝妻:皆さんが持っているであろう「物流センター」のイメージよりは、かなり和気あいあいとしていると思います。作業中は黙々と集中しますが、現場のスタッフはワーカーさんにも気さくに話しかける明るいメンバーが多く、周りは賑やかかもしれません。

――物流センターのアルバイトは静かなイメージがあったので意外でした!室内で作業をするため密になりやすい環境ではあると思うのですが、コロナウイルスの感染予防対策のために行なっていることはありますか?

朝妻:作業前の検温や手指の消毒の徹底はもちろん、館内を1日3回消毒しています。また密にならないように、袋入れの作業では1つのテーブルを利用できるのは2人までとルールを決めたほか、テーブルにはビニールの仕切りを立てて飛沫感染の予防も行っています。

物流センターで感染者が出てしまうと、商品の供給が2、3日止まってしまう恐れもあるため、絶対に感染者を出さないように対策は徹底してきました。その甲斐あって、総勢200人以上のスタッフがこの事業所で働いていながら感染者は1人も出ていません。

初めて働くワーカーさんの不安を解消!よくあるQ&A

――ここからは、初めて勤務するワーカーさんの不安を解消するために、職場や働き方についていくつか質問させてください。まずSHIPSさんはお洒落な方が多いイメージがありますが、どんな服装で来たらよいのでしょうか?

朝妻:本当にどんな服装でも大丈夫です。作業着やジャージ、スウェットで来られるワーカーさんもいらっしゃいますし、もちろんスタッフの服装もさまざまです。おしゃれをしてくださいという決まりはないので、どんな服装で来ていただいても問題ありません。

ただし商品が汚れてしまうリスクを避けるためにも、中履きへの履き替えにはご協力をお願いします。

またスタッフのなかには、夏場に汗をかいたときのために替えのTシャツを持参する人もいます。ワーカーさんに汗をかくような仕事をお願いすることはほとんどありませんが、念のため用意していただくとよいかもしれません。

――ワーカーさんの年齢層はどのくらいですか?

朝妻:老若男女さまざまな方に来ていただいています。現場全体としては、スタッフは20代前半の人が多く年齢層は比較的低め、パートさんは小さなお子さんのいる30代後半から40代前半の若い世代が多い傾向にあります。

――作業は立ち仕事ですか?

朝妻:基本的には立ち仕事です。袋入れの作業も背の高いテーブルをつかい、立って作業をしていただきます。私も現場で仕事をすると、足腰が結構疲れますね(笑)。でも、足腰をほぐす体操の仕方を掲示していたり、休憩を適宜入れたりと無理なく働いていただけると思います。

――水分補給ができるタイミングはありますか?

朝妻:館内に私物を置くスペースを設けており、そちらではいつでも水分補給をしていただけます。

ただ初めて来てくださるワーカーさんは、誰かが行かないと行きづらいですよね。皆さんが遠慮や我慢をせずに働ける環境を作るためにも、ここは改善を検討しています。

新商品を誰よりも早く見れるのが楽しみに!洋服好きなら、タイミーで裏側を覗いてみよう

SHIPS物流センターのエントランスには、タイミーワーカーへのメッセージが……!

 ――朝妻さんは、SHIPSの物流センターでのスキマバイトにはどんな人が向いていると思いますか?

朝妻:やはり集中して作業をするのが好きな方は向いていると思います。またチームで声を掛け合いながら行うことも多いので、積極的にコミュニケーションを取れる人に来ていただけると助かりますね。

加えて、洋服が好きな方にも向いているのではないでしょうか。物流センターに届けられる商品には新作も含まれており、ワーカーさんはまだ店頭にもECサイトにも出ていない洋服を誰よりも早く見ることができるんです。袋入れ作業では畳みながら生地感を知ることもできるので、SHIPSの洋服を普段から着てくださっている方や洋服が好きな方は楽しめると思います。

――新商品をいち早く見られるのは、とても魅力的ですね!最後に、タイミーを利用してSHIPSの物流センターで働いてみたいという人にアドバイスをお願いします。

朝妻:一般の方は物流センターの中に入る機会が滅多にないはずですから、一度お仕事に来ていただくとアパレルの裏側がわかって面白いと思いますよ。新しい商品も見られる楽しい仕事なので、ぜひ挑戦してみてください!


いますぐTimeeをダウンロード

  • App store からダウンロード
  • Google Play で手に入れよう

/media/タイミーラボ編集部
タイミーラボ編集部

タイミーラボは、株式会社タイミーによるオウンドメディアです。

https://lab.timee.co.jp/

Share

すぐ働けるバイトを探してみる
タイミー は「この時間なら働ける」人と
「この時間だけ人手がほしい」事業者をつなぐ
スキマバイトサービスです。
  • お仕事特集
  • ファッションブランドSHIPSに潜入!物流センターのスキマバイトではどんな仕事をする?