私のタイミー生活

大学生活を楽しむコツは、バイトを最大限楽しむこと!”お試しバイト”で最高の仲間に出会おう

  • 公開日:
  • 更新日:
大学生活を楽しむコツは、バイトを最大限楽しむこと!”お試しバイト”で最高の仲間に出会おう

目次

4月から大学や専門学校に入学した皆さーん!「バイトを始めたいけど、どんな時間割になるのか分からない」「そもそもどうやってバイトを始めたら良いの!?」と、分からないことだらけで戸惑っている方も多いのではないでしょうか。
今回は、タイミーを使って運命のバイト先に出会い、大学生活で楽しかったことベスト3の思い出になったという菅谷さんにインタビューを行いました。
こんなバイト探しの方法もあるのか!と目からウロコの内容になっています、ぜひ読んでみてくださいね。

入学したての頃。時間割がどうなるか分からなくて......。

ーまずは自己紹介をお願いします。

菅谷蓮、埼玉県出身。都内の大学に通う3年生で、現在就職活動中です。小中高とサッカーを続け、高校3年生の12月まで部活に打ち込んでいました。趣味は筋トレやサウナ、パスタ作り、無水調理です。

ー無水調理ってすごいですね!

これは実は、私がタイミーを通して出会ったイタリアンバルでのアルバイトで身につけた趣味です。

ーなるほど(笑)。あとで詳しくお聞きしたいです。タイミーはいつごろ、どうやって知りましたか?

高校生の時にTVで紹介されているのをみてダウンロードしたんです。高校生は使えないので、大学生になったら使ってみようかなって入れっぱなしにしておいたんですよね。
スポーツ推薦で早々に都内の大学に進学が決まって暇になったので、地元の埼玉で倉庫内のアルバイトを始めました。最初のうちはよかったんですけど、いざ大学が始まると1限からパンパンに授業が詰まっていて、シフトに入るのが難しくなり始めたんです。

ーシフトって1週間前とかから提出が必要ですもんね。

そうなんです。学校の近くで新しくバイトをはじめようとも考えましたが、これから学校のスケジュールがどうなるのかわからなくて決めかねていて。新人なのに急に「今日は行けません」って言うのは避けたいなって思っていたんです。
そんな時に、好きな時間に好きな分だけ働けるタイミーを思い出しました。

料理が趣味だという菅谷さん

 

最高のバイト先、最高の仲間に出会えた「お試しバイト」

ー菅谷さんがタイミーで仕事を選ぶ基準は何ですか?

時給や立地、Good率*ももちろんですが、飲食店の場合は賄いつきかどうか、食◯ログなどのグルメサイトもチェックします。どんな美味しい賄いがあるんだろうって(笑)。
*働いた後、ワーカーさんから店舗に対して行う評価の総合

ー確かに賄いは大事ですよね。

はい(笑)。タイミーを使い始めてすぐ働いた東京駅のイタリアンバルは、賄いが美味しすぎて何回も働きに行きました。5回目くらいで店長さんから「うちで長期で働かないか」って声をかけてもらって、大学にも慣れてきた頃だったのでそのままそのお店で働き始めたんです。

ーすごい、賄いがきっかけで(笑)!

もちろん理由は賄いだけじゃないですよ!
社員の人もキッチンの人も、すごく面倒見が良くて人柄がよかったんです。高校生の時に一時期働いていた飲食店は......まぁ多くの飲食店にも共通することだと思うんですけど、忙しくなるとみんなイライラし始めるんですよね。「なんでこんなに客来るんだよ」って言ったりとか......。そのイタリアンバルは、忙しくてもネガティブなことは言わず、やってくぞ!と逆に盛り上がる雰囲気のお店だったんです。
タイミーでお試しで働いてみて雰囲気を知れたので、このお店で長く働くことを決めました。

ーそれは素敵な出会いですね。

同じ時期に入った同い年の大学生も5人いて、しょっちゅう遊んでいました。仕事終わりに賄いとしてみんなで飲んだりとかもして。残念なことにそのお店は閉店してしまってバイトも辞めてしまいましたが、今でも仲が良くて頻繁に会いますね。
これまでの大学生活を振り返ると、そこでの思い出は楽しいことランキング3位には絶対入ってきますね。バイト行くのダルいな〜って思ったことは一回もなかったですし、むしろ毎回楽しみにしてました。

バイト先の仲間と

 「バイトで知った無水調理は今でも趣味として楽しんでいます」

ーさきほど、趣味の無水調理はイタリアンバル時代の経験が繋がっているということでしたが。

自分は、キッチンとして前菜の調理を担当してたんです。それで低温調理器を使った料理に出会って、試食してみたら「こんなに美味しいんだ!」って感動しちゃって(笑)。自分でも買って、ローストビーフとか減量中用のサラダチキンとかを作ってます。

ーへえぇ、低温調理への興味が湧きました。ちなみに、イタリアンバルの長期アルバイトとして働いている間もタイミーは使ってましたか?

実はたまに使っていました!他の飲食店の雰囲気を味わいたいと思って、居酒屋の案件にマッチングしたことがありましたね。「包丁を使える人限定」の案件だったんですけど、イタリアンバルで鍛えた調理スキルに自信があったので、いっちょ助けに行くか!と。結構活躍できて、良い思い出です(笑)。
※ご自身でつくられた料理の写真

ーすごい、まさに救世主ですね!他にはどんなところに行きましたか?

あとは、フードデリバリーの仕事もやりましたね。以前、立川に住む友達の家に遊びに行った時、「違う土地でバイクに乗れたら楽しいだろうな」って思って、ちょっとした空き時間に働きに行きました。あとは旅行に行く前にお金が欲しくて高時給の引越しバイトを入れたりとか......。

「タイミーなら何にでもなれる!自分の向き不向きを知れました」

ーお金を稼ぐためじゃなくて、楽しみとしてタイミーを使ってくれていたんですね、嬉しいです。次に、タイミーの良いところって何だと思いますか?

何にでもなれることですかね。飲食店でも配達でも倉庫でもどこでも働けて、色々試せることじゃないかなって思います。実際、私も試したからこそ素敵なバイト先に出会えたので。

ー就職活動中とのことですが、インターンシップもされているんですか?

今は本選考中ですが、ちょっと前は結構やっていました。IT、メーカー、重工業とか。幅広くみていましたね。いろいろ試した上で選んだものが正解なんだっていうタイミーで得た教訓が、就活にも活きているのかもしれませんね。

ー最後に、これから大学入学を控える高校生や新入学生に一言お願いします!

大学生になると、大体の人がバイトを始めますし、それが生活の中心になる人もいるかと思います。バイトに行きたいなと思える環境に出会えたら大学生活そのものも楽しくなるので、ぜひタイミーを使って、自分の興味や何に向いてるかなどを考えてもらえれば良いと思います!

いますぐTimeeをダウンロード

  • App store からダウンロード
  • Google Play で手に入れよう

/media/タイミーラボ編集部
タイミーラボ編集部

タイミーラボは、株式会社タイミーによるオウンドメディアです。

https://lab.timee.co.jp/

Share

すぐ働けるバイトを探してみる
タイミー は「この時間なら働ける」人と
「この時間だけ人手がほしい」事業者をつなぐ
スキマバイトサービスです。
  • 私のタイミー生活
  • 大学生活を楽しむコツは、バイトを最大限楽しむこと!”お試しバイト”で最高の仲間に出会おう